Hand made Aiza/手作り日記
少しの手間で愛情のある手作り生活を。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ヨーグルトぬか床
「なんちゃってぬか漬け」


ぬか漬けっておいしいですよね~
この季節になると食べたくなりますね。。。
いつか本格的にMyぬか床を持ちたいんですが、
なかなかお世話が、、、

そこで、前から気になっていた「ヨーグルトぬか」をためしてみました!
用意するのは、ヨーグルトと味噌!
ちょっとびっくりな組み合わせですね!

タッパーにヨーグルトぬか床を作ります。
だいたいの分量なんですが、味噌7:ヨーグルト3
(お砂糖大さじ1はお好みで)をまぜて、そこにキューリやニンジンなどを漬けて一晩で
完成!!!なんですが、

タッパーで
野菜が漬かるぐらいのヨーグルトぬか床ってけっこうな量だし、
2.3回使って捨てちゃうのもなんかもったいない気が.....
試しに作ってみたかったので、
今回、私はサランラップで漬けてみました。


ヨーグルトぬか床
きゅうり1本のレシピです。

CIMG4504.jpg
ヨーグルト大さじ2
味噌大さじ1を混ぜます。

CIMG4506.jpg
ラップにきゅうりをのせ、ヨーグルトぬかをぬっていきます。


CIMG4508.jpg
しっかり包んで、もれてくると心配なのでさらにビニールにいれて冷蔵庫に入れて1晩(6~8時間)


CIMG4517.jpg
完成!ぽりっ


ヨーグルトと味噌で!?っておどろくけど
とってもおいしいし、完全に味はぬか漬けと同じです!
ただ、ぬかのにおいがないだけ。

ヨーグルトの
乳酸菌でうまみが増えるんですね。
ぬか漬の原理です。同じ乳酸醗酵ですものね。

市販のヨーグルトに3%の塩を加え、好きな野菜を漬け込むだけの方法もあるらいしですよ。。。

腸にうれしい植物性乳酸菌!

ちょこっとヨーグルトがあればためしてみてね!
おいしかった野菜おしえてください。。。

☆読んだら「拍手」をぽちっと押してください、
励みになりますっっ!
スポンサーサイト

テーマ:主婦のブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2009/07/16 14:47】 | おいしいを作る | トラックバック(0) | コメント(920) |
レースつきシュシュの作り方
09.6月27日発売
20代向けの女性雑誌「Soup」の
お姉さん番
MIX感覚のストリートスタイルで育った30代向け雑誌
「SoupCruise」に私のインタビューと手芸品の作り方が掲載されました。
594_20090708134145.jpg  b0161920_12412560_20090924194301.jpg

30代女性のシンプルライフの特集です!
ぜひ、お手にとってご覧になってみてください!


その中で紹介している
布で作る「レースつきシュシュ」がかわいいと好評でしたので、
ぜひみなさんに作ってもらいたいので、詳しく写真でシュシュの作り方をのせておきます!
ホントにかんたんでかわいいので作ってね!
ミシンがあると早いけど、縫う箇所は4ヶ所。
うち2ヶ所は手縫いだから
全部手縫いでもたいして大変ではないよ!
(その他の手作り品は雑誌でみてね!)


CIMG4477.jpg
「シュシュの材料」
布/15×60
レース/1~1.5センチ幅×60
ゴム/15センチ

「シュシュの作り方」
1・お好きな布を
15×60で裁断(このサイズはあくまでもベーシック。ボリュームたっぷりに波うつ感じがほしい時は長くしたりアレンジしてね)
CIMG4453.jpg

2・表面にレースをおいて、1センチの幅で縫い付ける。
CIMG4459.jpg

この時、両端1センチは縫わないであけておく。
CIMG4457.jpg
ちなみにこのレースの下側が完成の時に表に出る部分です、
なのでここもアレンジポイント!レースを長く出したり短く出したり…

3・中表に折って端のレースは縫わないので写真のようによけて縫う。
CIMG4460.jpg

CIMG4461.jpg

4・筒状になった布を表にひっくり返して平ゴムを通す。1センチづつ重ねた所をしっかり縫い止める!使っているうちにここが切れたら、かなしぃ~のでしっかりね!
CIMG4469.jpg

5・あとは口を閉じましょう。両側を5ミリ~1センチほど内側に折り、もう一方と重ねて
なるべく布に近い色の糸でかがって。
CIMG4470.jpg

CIMG4473.jpg
最後は玉留めして終わり。

CIMG4474.jpg
完成!


「布シュシュの作り方」
レース無しだと縫う箇所は3ヶ所とさらにかんたん…
レース無しなのでハデハデな布にしてみましたっ!
材料はレースがないだけ、裁断も同じです。

CIMG4478.jpg
裁断して。

CIMG4480.jpg
中表にして1センチの幅で縫う。(レース無しは端まで縫ってね)

CIMG4482.jpg
表に返して、ゴムを通してしっかり縫う。

あとは、口をかがりましょう。
CIMG4483.jpg

CIMG4485.jpg
玉留めは、すぐ切らずにこれをもう一度布に通してから切ると、玉留めが見えなくなりますね。

CIMG4491.jpg
かわいい…


何かを作ったあまり布とかでもできちゃうかも…
もちろん、布を裁断する時は、バイアスで切ったほうがいいんです、そのほうが伸びるから…
でも、でも、気にせず真っ直ぐ切った物でも大丈夫だよ。
初心者さんはそのほうが扱いやすいし…

きっと作り出したら、止まらないはず…
楽しんでくださいね
私は最近、腕に付けておくのがマスト。
コーディネートの仕上にシュシュです!
腕に3個も付けてる日も…


ぜひ、たのしんで作ってください。。。
ハンドメイドのよさは、
世界に一つの物って事やできあがった時の達成感もありますが、
私は、その物に
愛着を感じるから好き…
買ってきた物に、かわいいボタンを付けてみるそれだけで
愛着は高まり、
物との長い付き合いが始まりますよね…それが好き.....






information
9月のニット教室参加者募集中です。
横浜でニットカフェしませんか?
はじめてさんコース/かぎ編みはじめの方でも参加できます。
お題「ミニバスケット」2時間
[日時] 9月11日(金曜日)
[時間]13:00~15:00
くわしくはこちらから↓
http://aizayaeko.blog28.fc2.com/blog-entry-92.html




<Aiza HP>→ http://aiza.jp/
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aiza_yae
やっとBlogからもお買い求めできるようになりました、
少しづつですが出品してます。
<ショッピングカート>→http://aizayaeko.cart.fc2.com/




☆読んだら「拍手」をぽちっと押してください、
      励みになりますっっ!

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2009/07/08 13:55】 | こつこつハンドメイド | トラックバック(0) | コメント(372) |
その4/ホーチミン後編
さて、市内にもどり

旅の残りもわずか、買物についやす。

ホーチミンは観光するところあんまりないからね、ってか、
買物がたのしいもん!
お酒を飲まないので、ナイトクラブ情報がわからないけど、
ご飯もおいしいし、買物安いし、女性はたのしめる所ですね。


まずは、国営のスーパーへ。 (taxスーパー)
ここも荷物は入り口のロッカーにあずけてから中に入れます。
カギをなくさないように!
z_20090708014348.jpg
ベトナムの牛乳パックは平たいの!
x_20090708014218.jpg
こちらはベトナムのハム、バインミーははさんであるよね。

そして、フランス経営のスーパーへ。ヨーロッパの物とか安くあるかな...っと
期待してたけど
おもしろい物はまったくなかった、、、


スーパーでも空港でもよく見かけたのがこの
お菓子パッケージなんだけど。。。
c_20090708013315.jpg
どうもドライフルーツやイモケンピみたいなものがいろいろな種類であるみたいで、ためしに紅芋とジャックフルーツを買ってみたけど、、、おいしくはなかった。

v_20090708014114.jpg
とにかくスーパーのプラスチックバックかわいい~ぃ



買った物はこちら、
b_20090708013216.jpg
右下の丸いのは「セサミクレープ」
落花生と白ごまをお餅で薄くのばした物で、ほんのり甘くっておすすめ!
1枚¥35。
真ん中は、蓮の実を乾燥させたお菓子。カリッとしててすこ~しだけ塩味。
蓮の実が甘納豆みたいになってるのも味見したけど、激甘。
あとは、コーヒーやバラ茶。




そして、9日目。
車で3時間のミトーへ。
やっぱりここまできたら、メコン川を見ないと!
n_20090708013815.jpg
チベット高原を発し、中国、ラオス、ビルマ、タイそしてカンボジアを通って
ベトナムへと注ぐ東南アジア最大の河である。
ベトナムのメコンデルタに入ってからは、いくつもの支流にわかれ南シナ海へと
流れる。ベトナムの人はメコンと呼ばずクローン(九龍)と呼ぶらしい。
6各国を渡ってるメコンの水は赤茶けた色で少し濃いめのミルクティ色みたい。

4つの中州がある中州と言っても人が住めるほどでかい!
船で河をわたり
その中の1つの中州の島を訪れた。
ここは、ホーチミンのバイクの騒音と排気ガスがらのがれ、
静かな暮らしと豊かな自然がある。

魚介類は豊富に取れるし、蜂蜜が有名だし、
m_20090708013753.jpg

a_20090708013137.jpg

フルーツが豊富!
s_20090708014009.jpg
ジャックフルーツが実ってるのを初めてみた!
けっこうぎょっとする光景だった。

ココナッツもたくさん取れ
ココナッツキャンディを作って売っていたのを見学。
中の実を絞り水飴をいれて煮詰めるだけの
キャラメルキャンディーで、できたての熱いのを少し味見させてもらった。
d_20090708013342.jpg
ううっっまい!
お土産に買って行こうと思ったが、20個入りでどっしり重い重い。。。のでやめた。
ごめんね、おいしいおいしいと散々言って
、味見だけしちゃって,,,ちょっと、「買わないのかよっ!」って顔された(汗)

手こぎボートに乗り換えてジャングルクルーズ。
f.jpg

このメコン川がチベットから遠く遠くを流れてきたのか。。。しみじみ世界は1つと思う。
g_20090708013514.jpg
メコン川を見て触れたことで、この旅の1つの集大成みたいなものを感じた。


再び市内にもどり、ラスト買物まっしぐら~!


アジアっぽい雑貨かわいいし~
h_20090708013549.jpg
プラスチック形!
j_20090708013656.jpg
これは、本当はお祝いの時などに、餅米やココナッツミルクで炊いたお米など
に赤やオレンジで色付けしてこの方に入れて飾ったりするそうです。
でも、ゼリーでも使えるよって言われて、「ん~作りたい~ぃいい」
ババロアとかもかわいいかなぁ。。。

大きいので1個約90円だったかな、まとめて買って安くしてもらいました。

プラスチック食器。
k_20090708013737.jpg
スプーンもカラフルでかわいかったよ。
小さい小皿で約40円。

お店にもよるけど
どこも、かならず最初は高く言ってくるので、
5個買うから安くして!って言ってみてみると、安くなると思う。
それと、必ずよく物をみること!作りの悪い物もたくさん混じってるから
20個同じ物を買う時でも全部確認してから買ってね。


あと、ベトナムと言ったらオーダーメードが安いことでも有名ですよね。
アオザイなんかも本当に安く1日で作れるけど、今回はワンピースを2枚お願いしました。
よくガイドブックにのているお店「マングース」です。
z_20090708112944.jpg

x_20090708112851.jpg
日本語が通じるので日本人のかたが多く来てます。
q_20090708013920.jpg
デザインの希望を言って、袖の長さなどしっかり言って、
素材を選んで、財寸してもらって次ぎの日の夕方6時には出来上がり。
裏地もつけてもらって1枚30ドル!
どんなに暑くても混んでてもその場で、必ず、試着することをおすすめします。
私が行ったとき今日帰るのに出来上がってこないなんてトラブルのお客さんがいたので、
少し日にちに余裕をもって行ったほうがいいですね。
私がお願いしたのも、丈がずいぶん長くってすぐ直してもらいました。


フランスっぽいガーリーな感じのお店でオリジナルデザインのショップもたくさんあるよ。
日本人経営の店も多いので安心。
w_20090708014206.jpg
お店のオリジナルデザインの麻のワンピースで約3800円。



雑貨屋さんも、本当にかわいい。
r_20090708013948.jpg
どう?行きたくなってきました?
私はすぐにでも、もどりたい(笑)

y_20090708014317.jpg
リサイクルのビニールで作ったバック。

u_20090708014044.jpg
こちらのビーズのクラッチバックは約400円!激安!

i_20090708013617.jpg
この巾着もお土産ように買ったので
値段は言いづらいですが、
まとめて買うと、かなり安いです。



そんなこんなで、
10年ぶり足跡をたどったベトナム、カンボジアの旅も終わりです。

やっぱり旅はいい。
日本でもどこでもいいんです、近所でも、、、
自分がきたことがない知らない地に身を置いてみると
自分がわかる。。。見えなかったものが見えてくる。

いつもと違う環境に行ってみよう。知らない道を歩いてみよう。
この好奇心をいつまでも持っていきたいです。

この旅でいつか又 会いたい人がたくさんいます。
でも、実際また会えるなんてそうそうないと思う。
だから、
普段の生活でまわりのみんなと「普通に一緒にいれることが当たり前じゃないんだ」って思う。
回りにいる人とのつながりに感謝しよう。
よくよくまわりの人の顔を見てみよう。。。熱を感じよう。。。
o_20090708013859.jpg
帰りの飛行機より。。。


長々とした日記になりました。
今回この旅に行くにあたって、一眼レフのデジカメを買おうかとすっごく悩んだの、
友達に相談までして悩んだの....でも、普段使ってるコンパクトカメラを持っていきました。
この写真がみんなへのお土産です。たくさんのせましたので見てください。

nn.jpg

vv.jpg

bb.jpg

c_20090708112621.jpg

【2009/07/08 01:55】 | どこだって歩けば旅 | トラックバック(0) | コメント(16) |
その3ホーチミン前半編
まだ旅は続く。。。毎日本当にいい天気。
今回の旅で気を付けていたのは
生水で、お腹も壊さない事。お腹を壊してしまうと
Hotelから出れなくなるからね、どんなに気をつけていても
野菜を洗った水や氷などでやられるので、、、、
でも、大丈夫でした。

次はベトナムにもどり南部
東洋のパリ、
ベトナム最大の都市、「ホーチミン」。
サイズ変更アシスタント-1
もちろんここもバイクバイクの川。。。。
ベトナムはバイク社会、しかもお酒を飲んで運転してもいいんだって。市民の行くビヤホールだとビールは40円ぐらい。
x_20090708003447.jpg

ベトナムがフランスにより植民地として占領されている間の
コロニアル建築がたくさん残っていて、町はアジアとフランスのミックスの雰囲気が魅力。
c_20090707235217.jpg
聖マリア教会。

v_20090708003308.jpg
中央郵便局。
b_20090707235156.jpg


そして、買物天国!
まずは、お約束の市場へ。
n_20090708000749.jpg
市内から一番近い「ベンタイン市場」
m_20090708000718.jpg
ここは観光客むけなので
日本語も英語も通じるし安い。うまく買えばかなり安いよ。
a_20090707235000.jpg

d_20090707235511.jpg

s_20090708003119.jpg
お土産物は何でもそろうし、
食料、コーヒーから魚肉、花、衣類、そして、ネイルまである。
さっそく、爪がのびのびあったのでネイル!
カット、甘皮、ベースカラー、トップコートまで両手やってもらって2ドル!



「ベンタイン市場」では、
日本語で「安いよ」「おね~さん」って日本語いっぱい、
中には強引に腕をつかんでくる売り子さんも多くいるので、
ちょっと自分が疲れているとムッときちゃうかも...
でも、みんな日本語ほんとに上手なので、値切る事を楽しんでみてください。
でも、
スリには注意、本当によくスリやガイドのふりをしてついてくる人や偽物売ってくる人などの悪い話しを聞く
怖がってたら楽しく旅はできないけど、注意は必要。


g_20090707235809.jpg
そして、コーヒー。
ベトナムの酸味の無いコーヒーは
本当においしくって滞在中はコーヒーを飲みまくった。

お茶もおいしい~ぃ、蓮茶もおすすめだけどティーパックでおいし物がみつからなかったので
葉で買って入れたほうがおすすめかな。
h_20090707235934.jpg
こちらは、生の蓮の実。ぜんざいなどにするそうです。

j_20090708000416.jpg
蓮がキレイ神秘的なハナです。。。





そして、お土産屋さんへ。

こちらはベトナム戦争中に米軍によって撒かれた枯葉剤の
影響を受け足など体が不自由な方が、お土産品を作ってます。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/枯葉剤)
卵の殻で模様を作ってうるしを塗ってしあげるお皿やコップいろいろあるよ。
k_20090708000618.jpg
全部て作り。私はおしぼり置きを買ってきました。




次に、
中華街’’チョロン’’へ。
l_20090708000654.jpg
市内のバスに乗って20~30分ぐらい約20円で行けます。安っ!
タクシーだと5ドルぐらいだって、もちろんバスで行きました。
タクシーも悪いタクシーさんが多いので、会社で見分けてね。
q.jpg

w_20090708003354.jpg

中華街’’チョロン’’は、漢方薬やハンコ屋街や布屋街が並びます。
e_20090707235545.jpg
やばいよ、布ほしいよ。。。


そして、1760年に建てられた中国の海の女神をまつった
「ティエンハウ寺」
r_20090708003049.jpg
大きなうずまき線香の香りに包まれます。



中華街は本当にいろいろ売ってますが、がっつり歩くので
歩きやすい靴で行ってね。
y_20090708003524.jpg
麻ヒモも種類が豊富。


中華街にある「ビンタイ市場」
u_20090708003227.jpg
こちらは生活市場なのでお土産物は少ないけど、
パワーみなぎる市場!もちろん安い。
スリなどの悪い人も多いそうです気をつけて。
バス停から見えます。

中華街にあるチャタム教会。
i_20090708000359.jpg

o_20090708000909.jpg

どこの国の中華街も独特のパワーがある。
言葉や看板は、やはりほとんど中国語、
漢方薬通りにも行きたかったなぁ、、、
p_20090708000938.jpg


旅も残りわずか。。。

z_20090708003614.jpg

ラストの日記は買物総集編です。


【2009/07/08 00:52】 | どこだって歩けば旅 | トラックバック(0) | コメント(0) |
その2カンボジア紀行
4日目

ハノイから飛行機で南にさがりカンボジアに入国。
h.jpg

カンボジアのビザは、空港でも取得できますが今回は日本で
用意しました。
首都のプノンペンにも行きたかったのですが、
今回はアンコールワットのある街「シュムリアップ」のみ。
カンボジアのシュムリアップも10年前にきたことがあるのですが、
その時は、首都のプノンペンから「シュムリアップ」まで船で移動したの、
冒険したい方は船のほうがおすすめだよ。


10年ぶりのカンボジアはめまぐるしく変わっていた。
まず、おどろいたのは「信号機」ができていた事とデパートができていた!!!


首都のプノンペンにデパートができてエスカレーターの乗り方に
とまどう市民のようすを7年前ぐらいにニュースで見たけど、
シュムリアップにもデパートができていたのに、びっくり。
信号機もこの町に7カ所ぐらいできたらしい。。。
そして、どこも建築、水道工事ラッシュラッシュ。
めまぐるしく変わろうとしていた。


カンボジアは
産業収入の1番は「お米」次は「ゴム」3番目に「観光」。
この観光が年々数字をあげている、観光におとずれている人数は昨年の二倍だそうだ。
今にお米も作らなくなるのでは、、、、
スタバでもできるのでは、、、

もう、すでに怖いのがアンコールワットで夜に赤や青のライトでライトアップショーが
行われている事を聞いたことだ、夜は10ドルの入場料でやっているそうだ、、、(汗)
これは韓国の方がおこなっている産業だそうです。
夜ライトアップショーはみなかった。
アンコールワットは、そのままで美しです。


ともあれ、何しろ町が活気であふれてました。
j.jpg
カンボジアの人はまじめで、素朴な笑顔がたくさんです。

k.jpg
まずは、市場へ。

さて、5日目。
世界遺産の遺跡めぐり。

10年まえは、まだ地雷の撤去のために入れなかった「BanteaySrei」。
l.jpg

とってもキレイな状態でレリーフが残ってます。
q_20090707225511.jpg
16年前に発見され地雷の撤去をして8年前から一般公開してます。
ほんとに最近発見されたんです、まだまだ遺跡がこの森の中にはありそうですね。
でも、いまだに「地雷」はあり、種類は大小36もあると言われてます。

w.jpg
すべての地雷が無くなるとこを願います。
e.jpg


そして、バスで20分の移動してこちらも初めて見る寺院
「タップローム」よく観光写真でみますね。

r.jpg
年月を感じます。



夕方には、おきまりのプノンバケン山からの夕焼け。
t.jpg
夕焼けスポットなので、人がたくさん。
正面の急な道は侵入禁止になって、
登りやすいような道ができてました。今にここもライトがつくのでは....


6日目
早朝5時にバスで出発~
メインスポット「アンコールワット」からの朝焼け。
空が赤くそまりドラマチックだな。
y.jpg

どこにいても太陽が上がることは同じ美しいです。
今は雨期なので中心の塔より右側から太陽が登り
乾季は左側から上る、年に2回2日だけ中心から登ります。
ぜひ、その時に行ってみてください。


さて、
メインスポット東洋の奇跡「アンコールワット」。
u.jpg
アンコールワットとは「寺院(によって造られた)町」と言う意味
周囲を幅190メートルのお堀と壁で囲い、中には三重の回路によって
囲まれた高さ65メートルの本殿中央堂を中心に作られ石にたくさんの
レリーフが彫られて、ヒンドゥー教の宇宙観を表している。

10年前は、真ん中の塔のてっぺんまで上って朝焼けを
見たんだけど今は上れないようになってました。
これだけの観光客がきて上ったら壊れるでしょって思った。
でも、これもいいのか悪いのか上れるように遺跡に階段を建設中。
i.jpg
どこも修復作業してます。


o.jpg

とにかくスケールの大きなアンコールワット!
壁にある
デバター(女神像)は全部で1560体!しかも、衣類や装飾が同じ物が
一つも同じ物が無いと言う。
どのデバター(女神像)もなんとなく微笑んでいるのだが
唯一、一体だけ歯を出して笑っているのがこちら↓
081006_080840.jpg
写真わかりずらいけど
行くかたは、探してみてね!入り口から右がわです。

なが~い廊下のレリーフには、神話が描かれていて
説明書を片手に照らし合わせて回ると大変おもしろい。
p.jpg



さてさて、
次はまたバスで20分ほど移動して
個人的に一番好きな寺院「バイヨン」
x_20090707225840.jpg

z_20090707225927.jpg


ここは信教は仏教で
バイヨンの正面のテラスから高さ42メーターの中央堂がそびえ
中にもたくさんの塔がある。
すべて1つの塔に4つの大きな観音菩薩の顔が東西南北の四面に彫りつけられている、四面塔。
v_20090707225617.jpg
とにかくでかい顔っっっ!顔だけで50面!
c_20090707224312.jpg

これだけ大きな観音菩薩の顔に囲まれると、なにか懺悔したくなるよ.....(笑)

まだまだ、シュムリアップにはたくさんの遺跡があります。
1週間以上はないと見切れないな。。。
今回は3DAY PASSでUS40ドル。
1週間パスなどもあります。いつかじっくり回ってみたいです。
今度私がくるならあえて、雨期。
以前にシュムリアップの雨期の写真集をみてから、
あこがれてます。
b_20090707224259.jpg

つい最近まで戦争があったカンボジアには、大きな国の宝があり
でもそれを残す技術やお金がないので、
日本はもちろんスイス、フランスなどたくさんの国が支援して遺跡の
復旧や修復をしてます。

10年まえより本当にきれいになってる。

でも、タイとの国境に1つの遺跡の正門があり
私が訪れた3日前にタイと
もめて3人の方が怪我をしたそうだ。まだ争っているとは、、、

銅像には、顔のない物もおおく
それは、宗教戦争で壊されたり骨董品として盗まれたり
したそうです。

守っていきたい物はたくさんあるけど、いろいろな国が入り
知識が増えゴチャゴチャな国にならないといいな....
まじめで素朴なカンボジアの笑顔が
ずっとあるといいな。。。
n.jpg


日本の支援で下水工事がたくさん行われいるらしい。
m_20090707224952.jpg

郊外では、まだまだ電気もない高床式の家に住み、雨水で生活している
人も多くいろいろな病気も絶えない。
遺跡の説明ガイドをしてくれた「サンバン」さんが
平均寿命は58歳と短いんです、っと言ったのがつらかった。

観光にきてお金を落とすこともいい援助かな。。。。



a_20090707224248.jpg
豊かな自然の中で子供達の笑顔はキラキラです。







カンボジアで生産されているお土産は少ないので
私的には、
カンボジアの一番のおすすめは「胡椒」です。
白も黒も香りがすっごいいいし!
s_20090707225326.jpg
あと有名な日本人女性サチコさんの経営している「アンコールワットクッキー」の
お店にも行ったけど、すっごいすっごい売れてる。たしかにおいしいよ。
実は、
1日10万円以上売れるとスタッフみんなに5ドルのおこずかいが、
もらえるんだって!がんばれ~




世界遺産って、やっぱりすばらしね。
世界の宝だもんね。みんなの物だよ。
大切にしてほしい。
たくさん見たいですね。

v_20090708112647.jpg

【2009/07/07 23:11】 | どこだって歩けば旅 | トラックバック(0) | コメント(26) |
その1ベトナムへ
思い出したようになんですが、
昨年2008年10月にベトナムとカンボジアに行った旅行記を
時間ができたので書き残しておこうと思います。

ココ数年アメリカばかりを回ってましたが、
久しぶりのアジア!
10年ぶりにカンボジアとベトナムに 旅です。。。

いろいろ忘れないように日記に書いておきたいです。
あと、ベトナムとカンボジア情報もお伝えしたいです。

今回のコースは、11日間
ベトナムのハノイでは、世界遺産のハロン湾に行って、
カンボジアでは もちろんアンコールワットに、
天気がよければ 山の上から朝日夕日を見る予定。
ホーチミンでは 食べて買い物!!!

ベトナム、カンボジアへ
行くならベストシーズンは10、11月だそうですよ~ぜひ!


まずは、ハノイから。

ベトナムの首都ハノイに10年ぶりに到着!
ん~やっぱりバイクバイクバイクの波。。。。
a.jpg
「ちょっとカメラ目線なの....(笑)」

ベトナムは地下鉄など電車の交通手段がないので、
車を持っている人は車だが、ほとんどみんな移動はバイク。
遠くに行くには、バスか汽車。1日4回運行の汽車ではホーチミンまで
30時間だそうです。(¥7000ほど)
やっぱりこのバイクの波の風景がベトナムだな...
2人乗りは当たり前
家族4人乗りも当たり前。
z.jpg
豚さんもアヒルさんもバイクで運びます。

でも、でも、
ん!?!?
何かが10年前と違う!!!
あ~っっ!ヘルメットかぶってる!?
前はノーヘルだったのに。。。。聞くところによると、昨年の12月から
規制されたそうで、かぶってないと罰金約¥1000なんだって、
だから今みんなピカピカのヘルメットかぶってたよ。
x.jpg

ハノイは中国と隣だから、どこかのんびり素朴。
若者には少したいくつな町かもしれないけど、霧につつまれた
湿度のある朝の公園は、朝なのにとっても時間の流れがゆっくり。。。
c.jpg



さて、2日目。
ハノイの中心からバスで3時間。
世界遺産「ハロン湾」へ。
v.jpg
ハロン湾はただいま高級リゾートホテルの開発が進んでいた。
1泊してまで見るものはない気がするので、なぜリゾートホテルを
建設しているのか聞いてみると、年々来客数が減っているから高級リゾートホテルに泊まって
釣りやジェットスキーができるようにするらしい。。。ん~、、、
b.jpg

そしてハノイと言えば、バッチャン焼き。
車で1時間半バッチャン村まで行ってみてきました。
m.jpg

ここまで来て買うとマジ安い!
最近ダイソーでもバッチャン焼き売ってるけど、
なるほど、安いよ。でも全部手作業なんだよ~。
でもでも、凄腕の職人さんが作っている品質を
見分けるには、糸尻ですね。
けど、持ってかえるのが大変なので
買わなかったよ。。。


そして、私はどの国に行っても行きたくなるのが、
「市場」!

市民の暮らしが見れるから市場をブラブラするの好き。
ハノイではローカル市場にいきました。
s.jpg

d.jpg

食材が豊富、豆腐も売ってました。




g.jpg

ハノイで一番古い教会。



さて、湿度たっぷりのハノイを離れ次ぎは~~~
【2009/07/07 22:03】 | どこだって歩けば旅 | トラックバック(0) | コメント(93) |
トマトレシピ
引き続きトマトのお話し。

夏野菜の代表トマトがスーパーにプリプリにならんでますね~
そしたら、ラジオで「根本キコ」さんがトマトのレシピを紹介してたんです!

その中からさっそく
「トマトの炊き込みご飯」を作りました。

ラジオだったため分量は書きとめられませんでした。

CIMG4494.jpg
「トマト炊き込みご飯作りかた」
トマトをざく切りにして塩をふって数分おきます。
水分が出てきますのでその水分ごと入れて炊きます。
鶏肉も小口切りして、塩胡椒。
そして、
塩、
オリーブオイル、
醤油を少々入れ
ご飯を普通に炊くのですが、水分はトマト分を引いた水加減です。
炊き上がったら
仕上に、パセリをのせたり、バジルをのせたりバジルとの相性はバッチリなので我が家は乾燥バジルをたっぷりかけました!
が……水加減が難しいです…
トマトをちゃんと計らずに作ったので、炊き込みご飯よりリゾット風になってしまった。

CIMG4496.jpg

もちろんこれはこれでおいしく食べましたが、
リゾットでも
パエリアでもない、
「トマトの炊き込みご飯」が完成する予定だったので…
これで根本キコさんになれると思ったので…ちょっと残念…(なれるかぁっ)

もちろんトマト缶でもおいしくできると思いますが、せっかく旬なので!
トマトは
皮がパンパンにはっていて、ヘタがみずみずしい物が新鮮ですよ~

(旬のトマトレシピ)

テーマ:園芸・ガーデニング - ジャンル:ブログ

【2009/07/06 22:40】 | おいしいを作る | トラックバック(0) | コメント(24) |
家庭菜園トマト
トマト家庭菜園


我が家の小さい庭が騒がしくなってきました。
庭1
いつも、トカゲがいます!


そして、
ミニトマトがまっ赤になり、食べごろになりました!

サイズ変更アシスタント-1

小さい黄色い花をつけてから、この日を待ち遠しく
愛しく見守ってきました。
真っ赤な真珠のような輝き。。。。
さて、どうやって食べようかと悩む事なく
丸かじりしました!

トマト

ん。。。でも、レタスがうまく育たないんです.....
ただいまいろいろ試してみてます!
待ってろレタス~

トカゲがいつも庭にいるんです。
しかも、今日は2匹いました、かわいいのでいいです。

(トマトプランター菜園)
【2009/07/06 22:19】 | 四季日々の事 | トラックバック(0) | コメント(116) |
ハーブクッキーレシピ
家で育っているバーブ達がもりもり育ってます!
CIMG4431.jpg

ハーブはいろいろ活用してますが、
今回は、クッキーにしました。


「ローズマリークッキー」
*ローズマリークッキーレシピ*(30枚分です。)
薄力粉...120グラム
コーンスターチ...10グラム
無塩バター...50グラム
ショートニング...35グラム
ブラウンシュガー...50グラム
グラニュー糖...40グラム
卵...1個
バニラオイル...少々
ローズマリー...適量


「ローズマリークッキー作り方」
ブラウンシュガーは三温糖でもOK。
1種類の砂糖でもいいのですが、
2種類の砂糖ををまぜる事で味と食感に深みがでますよ。
さて、スタート!
1)バターとショートニングを室温にもどしてから泡立て器でよく練る。
2)砂糖たちを数回にわけていれながら混ぜる。
3)溶き卵も数回にわけて入れながら混ぜる。
4)ローズマリーを加える。
5)ゴムへらなどに持ち替えて、ふるった粉を
 切るようにまぜる。※混ぜすぎない!
6)少し粉っぽいぐらいで、ビニールに平たくして入れ
 冷蔵庫で1時間以上寝かせる。
(1晩寝かせてもOKだし、冷蔵庫だったら2日は保存OK。)
7)スプーンなどですくって約15グラムづつ丸めて
手のひらで6センチほどにつぶす。
焼いたら少し広がるから、隙間をあけて並べてね!
9358985_3400987048s.jpg
8)180度のオーブンで18~20分焼いて
できあがり~

もう~ぉ、家中がローズマリーの香りでいっぱい
3430547_3464813424s.jpg
ローズマリーは、
脳のはたらきを促してボーッとした頭ををすっきりさせたりする効果があるそうで、
疲れた心を元気づけ、「心を陽気にするハーブ」とも呼ばれることもある。
「愛しのローズマリー」って映画もゲンキになるよね!



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

【2009/07/03 00:29】 | おいしいを作る | トラックバック(0) | コメント(16) |
| ホーム |
プロフィール

yaeko

Author:yaeko
こんにちは手作り作家の関井やえこです。

旅が好き。。。
春夏秋冬を感じる生活が 好き。。。
エコなのか ケチなのか。。。
シンプルなのか ビンボーなのか。。。
マメなのか ヒマなのか。。。
のんびりした暮らしをしながら、
いろいろ手作りする
「Handmade Aiza」として活動してます。
自身のニットブランド
『AizaKnit 』の代表兼デザイナー。
帽子を中心に、BAG、洋服などなど手作りです。

そのほかに、「Aiza Knit Room 」と題して、
ニットカフェ(かぎ針教室)をやってます。
そして、子育てしながら、 
自家製 天然酵母パンやお菓子、
こつこつと手作りする日々の事を日記に書いてます。

HPhttp://www.ac.auone-net.jp/~aiza/


twitterhttps://twitter.com/#!/yaeko0926



子育てブログ
http://ameblo.jp/yaeko-s/


気軽にコメントください。

関井やえこ
メールはこちらまで
aiza@ae.auone-net.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。